読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフアンダーバー

個人でのゲーム開発

自動生成ダンジョン試作 その3

自作ゲーム用の自動生成ダンジョンの試作。

前回の続きです。
とりあえず、よくある二分木の部屋作成アルゴリズムとてきとーに作った道作成アルゴリズムでダンジョンっぽくしてみる。

前回 fspace.hatenablog.com

全体図
f:id:fspace:20151216232255p:plain

拡大図
f:id:fspace:20151216232932g:plain

部屋の見栄えはあとで整えるとして、道の作成が思っていたよりも難しそうです。
アクションゆえに重力の影響でどうしても移動しづらい部分ができてしまいます。

あとは部屋と道を分けたことによってダンジョンの探索感というか、ワクワク感みたいなものが弱くなってしまった印象。 とはいえある程度シンプルな構造に落とし込まないと、敵のAIやギミックの配置アルゴリズムなんかが貧弱になりそうですし、 重力の影響もより深刻になります。 複雑な地形を保ったままうまく管理できないものだろうか。
う~ん、悩ましい・・・

きっと、その4に続く・・・

ユニティちゃんライセンス

ユニティちゃんライセンス

このコンテンツは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています